あきれた風俗嬢の行動

だからいつも楽しめるのかも

風俗は心の拠り所なのかもしれません。そう思えるようになったのも、何か辛い時や、あるいはイライラしている時など、鬱憤が溜まっているなと感じるような、自分がマイナスだった理ネガティブな気持ちになっている時にこそ遊んでいることが多いなって気付いたんですよ(笑)それまで風俗は自分の好きな時に楽しんでいると思っていました。もちろんそれは間違いではないんですけど、自分がその気分になる時って、いわば風俗に頼っているってことでもあるんだなってことを知れました。だから風俗で遊ぶ時は、自分なりに何かしらのSOSを検知しているとともに、そのSOSを風俗嬢に助けてもらっているってことなのかもしれないなと(笑)だから単純に快感が素晴らしいとかじゃなくて、精神的な部分で頼っているありがたい存在でもあるんだなってことに気付くようになってきたんです。多くの人が風俗に対して「なくてはならない」と語っていた理由が自分でも分かってきました。

結果だけじゃないんですよ

何発出せるのかを競う人もいるんですけど、自分は風俗では一発でも十分だろうなって思っています。何発出したのかの結果じゃなくて、一発でも良いので自分が満足出来ているのか。その点もまた、とっても大切になってくるんじゃないかなって思いますけどね。むしろそうじゃないと、せっかくなのに回数だけに固執して勿体ないかなって。確かに何発も出した方が、一発辺りのコストパフォーマンスは優れたものになりますけど、出すことだけにこだわるとあまり楽しくないのも事実ですよね。それよりも自分の満足感を追求した方が、結果的には良い時間を楽しめるんじゃないかなって思うんですよ。だから風俗で遊ぶ時には、自分なりにいろいろなことが脳裏をよぎるとは思いますけど、回数だけに固執するのではなく、女の子との楽しい時間を過ごせることをまずは心掛けるようにしています。その気持ちがあれば、結果的に満足は付いてくるんじゃないかなって思いますけどね(笑)